Office Arganza

A Diary

2022-04-29 09:59:00

古き良き

「白い聖堂」、急な告知にも拘らず、思いの他たくさんの方々が参加してくれることになり、ありがたい限りです。

サロンでお会いしていた懐かしい方々、リュミエールブランシュのお客様がたも。サロンの仕事を辞めて、ショップの運営だけだと、お客様とのコミュニケーションは限られているから、どのくらいの方達が、見てくれているか、何か感じてくれているか、が、中々見えにくい。SNSやHPのアクセス情報はあっても、数だけでは、計れないものだから。

感謝とともに。明日は皆さん、宜しくお願い致します。

 

ここ3日くらいのエネルギーは凄いな(大変)・・と思いつつ、必要に応じて「見る」現実の、個人的体感なのかも。

今朝のツイートの続きのようだけど、そこにフックする必要が無ければ、何も感じないわけだし、人間(の魂)がレムリア末期に「自我」を持って以来、永い時を生きてきて、それだけ、重荷や、ガラクタや、心身の病理・病癖、レイキでいう「セイヘキ(性癖)」、それらが家系で受け継がれてゆく気質や体質、などなど。情報が溢れて、そこにまた今世でインプットしてきたもの、壊れてしまった健全さ、などなどの情報が重なって、

自然界のように、幼い子供のころ(天使時代やレムリア自然界の記録を再現して生きる時期)のように、シンプルではなくなっているからこそ、ネガティビティと共に生きるようになる。不安になったり、人と比べたり、怠惰や欲に左右された、感情のアップダウン。人間らしいからそれでいいさ、というメッセージで世の中、溢れているんだけど、矛盾している。

それでいいさ・・・では、世界は良くはならないから。

人間の感情・思考・ライフスタイルのネガティビティを「それでいいさ」と言っていたら、結局、環境汚染や、社会的格差、戦争、差別、などは無くならない。スピでいうアセンションや、ノンデュアリティなど、実現はしない。

個々の人間、ひとりひとりの心と体、その設計図であるエネルギーから、見つめ直して、改善していかないと、何も変わらない。

man in the mirror なのだ。まさに。

2012か、13年ころだったかな、「マンスリー・フォーカス・ワーク」と名付けて、月に一つオリジナルワークの中からフォーカスを当てて、モニター価格でご提供するという試みをしていた時。出来たばかりだった、「レムリアンセイクレッドレイキ」を選んだ月にたくさんのご希望があり、ほぼ毎日、そのエネルギーに浸るというような時期があって。

結果として、ほんの数日だったけれど、自分自身がワンネス的覚醒状態になっていた事があって、今回、セイクレッドレイキのテキストにそのことも書こうと思っていたのに、忘れていたことに気付いた。。。

あの時は、いわゆる「あるがまま」を実体験して、見るものすべて、例えば机や湯呑みや、街ゆく人々すべて、日本という国や、自民党政権でさえ(笑)「ああ、ありがとう。本当に、ありがとう。おかげで私がここに居て、あなたも居る!」みたいな感動と至福の状態になっていた。

セイクレッドレイキの「ソフィア」との接続や、横軸の復活、のプロセスが、毎日のようにセッションしていたことで、自分自身に強く作用した結果だと思う。

感覚としては、何を見ても感じても、「それ」が存在している宇宙普遍の「意義」のようなものが、ピコピコピコと自分に入って来て、理解と愛着が瞬時に生まれる。そして、

「ああ!」と涙する。(という現代人からしたらおかしな状態です・笑)

 

あれが、レムリアの『ワンネス』なのだろうと思っている。『あるがまま』を、理解し、愛する感覚。はるかに、人間社会の周波数や思考などを超えたものであり、仏教的な、シャカの悟りのようなものだろうと思うわけです。(私は1週間弱つづいて、その後ゆるやかに元に戻りました)

それが、もっと人間的なレベルで「あるがまま」つまり、「エゴのまま」でいいというのが、今のスピリチュアル界隈のメッセージになっている。

もう、多分10年以上前(まだ奈良に居たころと記憶しているので)、ブログだか、メルマガに、「このままだと、一般的な人たちの意識が変わっていき、気付いたらスピ、をやっている人たちのほうが、取り残されるのでは・・」と、書いたことがあった。今でも、その雰囲気は大いにある。現実逃避的なスピ、ということ。

またまたタイトルから逸れつつあるので戻しますと!

 

人それぞれ、かもしれないけど、私の場合は人生で唯一、小学校時代が一番、無邪気に自分を生きて、興味のまま動いて、楽しい時代だった。韓国時代劇でもよくありますよネ〜 きらきらした、初恋の想ひで・・のような。実際にはいろんなことが側で起きていただろうし(親とか大人的に)、昭和の激動の社会状況もテレビで見ていただろうし。けど、自分はただただ、自分を生きていて、楽しかった。

小学校卒業が迫った時に、友人たちと、「嫌だ〜中学生にはなりたくない」とぼやいていたのをよく覚えている。レムリアの終末期って、あんな感じだったのではいかと。ジェネシス神話をまとめていると、感じたりもする。

もう自由ではなくなる。責任や義務や、課される事柄ばかりが増えていく。楽しくなさそうな大人の社会へ、近づいていく。未知なる変化が起きていく。ああ、私たちのワンネス、自然界が壊れていく・・・もう、このままでは居られないのだ・・・という。

韓国ドラマと同じように、純粋だったころの、キラキラした古き良き思い出、だからこそ、ずっと宝石のように心に残っている。けれど、その分だけ、失ったことへの悲しみも深い。失っていくプロセスにおいての、傷も深い。

だから、みんなこんなにレムリアに惹かれる。

・・はず、なんだけど、上記のとおりの界隈のトリックで、知らぬ間に、浸って動かなくても、「大丈夫」と言って貰えるフィールドになってしまう。そのトリックは巧みで、レムリア、に限らずだけれど、一見しても判別は難しい。色々な目に遭っていくと(笑・・対・人ではありませんヨ。原型エネルギー=「神」のようなモノや四次元的なモノのこと)嫌でも、メカニズムを知ってしまう。

そんな話は、「プログレッシヴワーク」3つの、クライアントワークブックでもたくさん、書いています。

締め括りが宣伝のようになってしまったケド、今日はこのくらいで。エヘヘ ^^

Love and Grace

P.S.

カレッジの改訂、リニューアル・リリースに入っていく準備段階として、かつての対面式の「ヒーラーズカレッジ」のページを、参考ページとしてUPしました。メニューの「School」からお入りいただけます。概要と、卒業生の皆さんのご感想です。懐かしいですネ、、それこそ「古き良き」日々。良きおもひで、となっています。卒業写真は本当に皆さん、良い顔をしているなあ、と。半年ちょっとのカレッジで、多くの変容、気づきを体験し、見違えるように輝いていく生徒さんたちの様子を、懐かしく振り返りながら。タイムカプセルを開けるような作業でした。