Office Arganza

更新情報・お知らせ

「レムトラ」リバイバル &『乳海撹拌』について

2022 / 07 / 07  23:09
P1010138.jpg

みなさま、こんにちは。このところずっと、情報の混線・混乱・・というような事をツイートや今朝は「日記」でも書いていましたが、(例の通信障害も昨日復旧したようだし)そろそろ落ち着くかなと願いを込めて、今日の午後は過ごしていました。鎮まって来たような感じがしています。

さて、一般の方々にも受けていただけるAmari's ワークに、「レムリアントランスミッション」をこのたび、追加しました。ヴァンダームとともに以前から予定していたものの、ページ作りが遅れて。。。実はまだ途中。旧ヴァージョンの9つのコースの情報も、やはり記録として残しておくためにリンクさせる予定ですが、作業中です。

別件のお知らせがありましたので、途中ですが本日、公開・お知らせすることに。(リンク先ページは出来次第リンクしておきます)

https://arganza.biz/free/transmission

 

レムリアンセイクレッドレイキは、セルフワークを重視するアルガンザのコンセプトで、レイキ伝授の段階分けをモデルに構成したワークです。また、ヒーラーズカレッジの通信制講座(秋に改定リリース)を経た方には、プラクティショナー伝授が可能となり、これからエナジーヒーラーを目指す方々へ、輪を広げてゆきたいワークです。今の時勢下、デトックスや活力の補充などに、お役に立てる光線も含まれています。

そんな、セイクレッドレイキの普及の一助として、レムリアって何? 気になるけど自分には分からない、自分がレムリアと関係するのかピンとこない(けど知りたい)、または、レムリアにとても惹かれるのでルーツを体験したい、知りたい、という方に。セイクレッドレイキへの布石、あるいはセイクレッドの伝授を受けた方の補助的な体験として、チョイスして頂ければと思います。

それ以外でも、クリスタルのグリッドや、リュミエールブランシュでも披露しているアルガンザ式のレムリア観が気になる、興味があるという方にも。以前は、プロのヒーラーさんをされている方々も、(自己完結されているから他のセッションは必要無さそうにお見受けするも)、ピンスポットで「レムトラ」を受けに来られる、などのケースも結構ありました。

正直なところ・・この「トランスミッション」は、かつてのサロン時代に自分もやり甲斐を感じていたし、多くの感動的な体験を分けていただいた思い入れもあり。ヒーラー引退により、そのまま封鎖してしまうことに寂しさも感じていました。が、シャンバラの「聖堂」や、ヴァンダームワークなどもこのところ再開し。昨年からの「オールドレムリアン」クリスタルの再来で、しばし離れていたホワイトエンジェル(トランスミッションのナビゲーター的存在の天使領域)と再びお仕事、アースワーク等、する事も増えている最近なので、

一時期はまったく考えてもいませんでしたが、スムーズな流れとともに、再び行わせていただくことになりました。ジェネシス後の「レムトラ」の旅、また以前とは違う歴史絵巻として見えてくるかもしれません。楽しみです。・・・まだ掲載できていませんが、以前のサロンでだいぶ昔にやっていたような、このワークでコネクトしたその方のレムリアンソウルのエナジーを、記念にブレス等でお届けするというオプションも検討中です。

 

 そして別件、表題の「乳海撹拌」について

ただいま、3つのプログレッシヴワークのWBの見直し、一部修正を行っています。改訂というほどでは無いので非常に細かいのですが、既にお手元にある方々に、修正を加えた部分について、お知らせしたいと思います。以下、

ラクシュミ〜マリア 共通

P4 および最終ページ:アルガンザのHPを現在の https://arganza.biz に変更

ブリジッド 

 P18    レモンイエロー混じりのブリジッドについての説明部分、

「一方、淡いイエローはリラ文明の分派した一団が超古に地球に関わり、アンドロメダ由来のセラフィムたちとの共同作業で地球の自然界の中に残した精霊界系のエネルギーで、それを潤すための「ブリジッド」エネルギーもあるようです。」

 

p30 レモンイエローの精霊界エネルギーについて プレアデス→天空文明 と変更(セイクレッドレイキ改訂の際に、その関係性がはっきりしたので反映させました)

 

 

・・・・・・・・

 

自分や、メタフィジカルな人々だけではなく、社会全体が変化し続ける時代。風の時代、水瓶座の時代の軽妙な変化のエネルギーに乗って。硬い頭にならずに、その時々、出来ることをしていこうと思います。これまでも、ずっとそうだったけど・・長くやっていると頭も思い込みも固まって来てしまう。それをまた振り返り遡りながら、今の視点で作り直したり。リニューアル、リバイバルは楽しい。

 

ありがとうございます

 

Love and Grace