Office Arganza

更新情報・お知らせ

『白い聖堂』7月ご報告と8月(第5回)受付スタート

2022 / 07 / 31  21:32
『白い聖堂』7月ご報告と8月(第5回)受付スタート

皆様 こんにちは。月末恒例の、「白い聖堂」ご報告と来月の受付開始のお知らせです。

夏真っ盛りですね!私は南よりは北が好き、南の楽園よりは雪山が好き、とか言っている割には、真夏になるとテンションは上がり気味。エナジーがどこからか湧いて来ます。(太陽からかな?)

「白い聖堂」、第4回目にあたる7月の部が終わりました。ご参加の皆様、シェアリングレポートメールをお送りしていますので、もし届いていないという方はご一報ください。

 

「白い聖堂」こと、(旧名)シャンバラ光の学校。今回から、まったく違う雰囲気になりました。

前日の夜、なぜか、数年ぶり??というくらいに高揚したワクワク感があることに自分で気づいて、4月からの3回の「聖堂」はちょっと厳しめのテーマや雰囲気だったので、時代を反映しているのであろう・・ と思っていたところ、今回からはきっと違うのかも?と、思っていました。同時に前夜には、ホワンとした柔らかく温かな光が体の中に入って来ていて、これも聖堂のエネルギーだな?と思っていました。

参加者の皆様にシェアしたのですが、今回冒頭で、各自が自分の今、ちょっと厳しいと感じる時、心身エネルギーの不調に実用するようにと与えられた(アチューンメントされた)エネルギーがありました。私のそれ、は、前夜に感じていたもので、当日の冒頭ではそれが具体的に色や質感で感じられ、以後、とても助けられています。お馴染みのハイヤーシステムのエネルギーの2種類が混ざったような感じなのですが、更にアレンジも加わり、「今この時期」の、自分仕様にチューニングされているようなので、とても効きます。

参加した方々も、ご自身でヴィジョンや体感などが??だった場合も、ぜひ、レイキのように手をあてて使ってみて下さい。自然に流れることと思います。

 

さて、「今回から違う」と言ったのは、前回までの1〜3回は、アルガンザ・ジェネシス原型論でいう「ケルビム」の傷や痛み、ケルビムと絡んだ(戦った)事でエルたち側に残っている傷や痛み、の、集合意識場のリリースと関係することが、「学校」を通じて起きていたようでした。旧「光の学校」はかつて、毎回違うテーマで施術と学びが来ていたものですが、「ジェネシス世界観が出来た今は、具体的な原型テーマで進んでいくのだろうか?」と、思ったりしていました。

この4〜6月の3回の間に、アルガンザでも、「聖堂」ご参加のプラクティショナーさんのサロンでも、私自身のアースワークや瞑想の時間の中でも(もちろんそれを誘発する現実の現象化の中でも)、ケルビムテーマは、随分ステップバイステップで、進んでいるのを実感していました。特に第3回では、ケルブやエルたちのアトランティスでの「対戦」による傷、そこに起因する今の私たちの中に残る影響へ、癒しをたっぷりと注いでくれるようなエネルギーが、当日の施術に登場していました。

そうですね・・この流れを考えると、恐らく、ケルブ濃いめの方、エルフ濃いめの方々が、1〜3回、呼ばれていたのではないかと思います。魂の無意識の共同作業、グループでのリリースというものが、アルガンザでは、(プラクティショナーさんたちのサロンでも)起こるのです。

 

ケルブのテーマ、実は2018年ころから提示されていました。が、何をどうしたら良いのだろうと皆で話しているうちに、むしろそれ(アトランティスにおけるケルビムの歴史の一端)を現実化するような、ケルブ濃いめの方によるビックリするような事象が起きたりして、更に問題が深まったような感じもしていました。

リュミエールブランシュの「観音ブレス」もそのころ、販売を始めていました。ケルブさんたちの傷や混乱のカルマには、観音だ・・と、その時に思ったゆえ。鎮魂のつもりで。けれど、以後も、ケルブの傷は色々な例がセッションを通じて見えて来たものの、それに対する、アルガンザでのガイアワークの決定打が分からないまま時間が経っていましたが・・予想していなかったケド、聖堂でそのグループワークが起きて、そして恐らく一段落したのではないかと思っています。

かつて「沈み系アルク」や「海龍王」と呼んでいた、大天使(の中の堕天使)のカルマへの対処に至るまで、やはり最初に情報が来てから5年くらい掛かっていました。ケルブが、アルガンザのレベルでこれで一段落であるのならば、やはり5年かかりましたね。。。「箱庭」であるここで、何らかの区切りを得たということは、ジワジワと、外周へと影響が広がっていき、それが現実化している3次元のフィールドでも、変化が波及していく・・のだろうと。

グループでの無意識の解放ワークにご参加だった方々は、当然ながら、ご自身やそのソウルグループの癒しや解放が、大きく進んだことと思います。

ご縁に感謝致します。

 

本来の「シャンバラ光の学校」らしい、学びと施術の内容だった今回、シャンバラを超えてシリウスの学び舎へと運ばれたシーンもありました。「意識のフィルターを入れ替える」というテーマが中心になっていたようで、確かにそのような実感や、それを促す現実の動きも起きています。

また、参加者のみなさんへのシェアレポートに書き忘れてしまったもうひとつのテーマ、キーワードがあります・・・「歩き易い靴を履く」です。

当日の施術の中で響いて来ていました。自分にとって歩き易い「靴を履く」。意識のフィルターを更新して、本来、相応しい自分の歩みを進めていく・・という意味でしょうか。私はこれを機に本当に、歩き易い靴を新しく買ってみました(笑)。「良い靴は持ち主を良い場所へ連れて行ってくれる」・・と、前に見た韓国ドラマで言っていましたが、靴は確かにエネルギー的にも大事なグッズだと思ったりもしています。

 

以上ご報告と、次回、8月の「白い聖堂」遠隔グループワーク、募集をこれよりスタートします。〜15日が締め切りです。詳細ページをご覧いただき、必要事項を明記して、メールまたはコンタクトフォームにて、お申し込みください。

詳細はこちら:https://arganza.biz/free/whitetemple

たくさんのご参加、お待ちしております。

Love and Grace,

Amari

サイト更新・新メニューUP

2022 / 07 / 27  10:30
IMG_5245.jpeg

こんにちは 厳しい暑さや天候の変転がつづく毎日ですね。いかがお過ごしでしょうか。

写真は昨日夕方の空。セラフィーかつ、アルクトゥルスな感じも漂う、壮大な空模様でした。

レムリアントランスミッションの旧9コースの詳細(記録・参照用)ページ、すべてUP完了しました。

Amari's Works の一般のクライアント様受付が始まった事で、今の新しいサイトになってからご用意の無かった「ご予約規定」のページを新設しました。トップページ左上「Menu」から「reservation」でリンクしています。また、Amari's Works の各ページからもリンクしてあります。

「ご予約規定」(reservation):https://arganza.biz/free/reservation

 

またここからの流れで、セッション終了後のシェアリングレポートを含め、ご感想やご質問などのお返事のやりとり(必要な場合)を2往復までとし、それ以外での様々なケースのメールによるご相談の受付を、「メールカウンセリング」として設定しました。同時に、アルガンザワークのプラクティショナーさん向けメニューページにも、同じく「メールカウンセリング」を追加していますので、必要な時にご利用頂ければと思います。

 

上記「ご予約」ページに名前が出ていますが、これからの時代の波に備えて・・「普通のレイキヒーリング」のメニューを、受付しようと思います。アルガンザはメタフィジカル、ニューエイジの思想をベースにマニアックな系統のワークを提供していますが、その基礎としては勿論、Amari自身がレイキ類をひとつひとつ習得しながら、フィジカル面、エネルギー面、両面ともに日々活用し元気に過ごしている下地があり、幼少期〜若いころは人よりも虚弱体質でしたが、レイキと出会ってからは20年、医者いらずで過ごしています。市販の薬を飲むこともなく、ある例外的な時期を除いては、風邪を引くこともありません。

自然療法の基本的な手法として、レイキを活用している事をより広い裾野で生かしお役に立てればと思います。サロン時代のアルガンザのメニューにも載せていましたが、当時は殆どご利用がなく、やはりオリジナルワークや、アルガンザメソッドのみが動いているような状況でした。ですが、これからの時代の変換点、レイキ類をより多くの人に知ってもらう機会、体験してもらい、お悩みが少しでも解消される機会として活用して貰えたらと思い、改めてUP致します。

名称も、以前と同じ「ベーシックエナジーヒーリング」です。こちらは今日のお知らせに間に合わず、近日中にページを作り、UP致します。

ではでは 今日はこのくらいで

Love and Grace

「レムトラ」リバイバル &『乳海撹拌』について

2022 / 07 / 07  23:09
P1010138.jpg

みなさま、こんにちは。このところずっと、情報の混線・混乱・・というような事をツイートや今朝は「日記」でも書いていましたが、(例の通信障害も昨日復旧したようだし)そろそろ落ち着くかなと願いを込めて、今日の午後は過ごしていました。鎮まって来たような感じがしています。

さて、一般の方々にも受けていただけるAmari's ワークに、「レムリアントランスミッション」をこのたび、追加しました。ヴァンダームとともに以前から予定していたものの、ページ作りが遅れて。。。実はまだ途中。旧ヴァージョンの9つのコースの情報も、やはり記録として残しておくためにリンクさせる予定ですが、作業中です。

別件のお知らせがありましたので、途中ですが本日、公開・お知らせすることに。(リンク先ページは出来次第リンクしておきます)

https://arganza.biz/free/transmission

 

レムリアンセイクレッドレイキは、セルフワークを重視するアルガンザのコンセプトで、レイキ伝授の段階分けをモデルに構成したワークです。また、ヒーラーズカレッジの通信制講座(秋に改定リリース)を経た方には、プラクティショナー伝授が可能となり、これからエナジーヒーラーを目指す方々へ、輪を広げてゆきたいワークです。今の時勢下、デトックスや活力の補充などに、お役に立てる光線も含まれています。

そんな、セイクレッドレイキの普及の一助として、レムリアって何? 気になるけど自分には分からない、自分がレムリアと関係するのかピンとこない(けど知りたい)、または、レムリアにとても惹かれるのでルーツを体験したい、知りたい、という方に。セイクレッドレイキへの布石、あるいはセイクレッドの伝授を受けた方の補助的な体験として、チョイスして頂ければと思います。

それ以外でも、クリスタルのグリッドや、リュミエールブランシュでも披露しているアルガンザ式のレムリア観が気になる、興味があるという方にも。以前は、プロのヒーラーさんをされている方々も、(自己完結されているから他のセッションは必要無さそうにお見受けするも)、ピンスポットで「レムトラ」を受けに来られる、などのケースも結構ありました。

正直なところ・・この「トランスミッション」は、かつてのサロン時代に自分もやり甲斐を感じていたし、多くの感動的な体験を分けていただいた思い入れもあり。ヒーラー引退により、そのまま封鎖してしまうことに寂しさも感じていました。が、シャンバラの「聖堂」や、ヴァンダームワークなどもこのところ再開し。昨年からの「オールドレムリアン」クリスタルの再来で、しばし離れていたホワイトエンジェル(トランスミッションのナビゲーター的存在の天使領域)と再びお仕事、アースワーク等、する事も増えている最近なので、

一時期はまったく考えてもいませんでしたが、スムーズな流れとともに、再び行わせていただくことになりました。ジェネシス後の「レムトラ」の旅、また以前とは違う歴史絵巻として見えてくるかもしれません。楽しみです。・・・まだ掲載できていませんが、以前のサロンでだいぶ昔にやっていたような、このワークでコネクトしたその方のレムリアンソウルのエナジーを、記念にブレス等でお届けするというオプションも検討中です。

 

 そして別件、表題の「乳海撹拌」について

ただいま、3つのプログレッシヴワークのWBの見直し、一部修正を行っています。改訂というほどでは無いので非常に細かいのですが、既にお手元にある方々に、修正を加えた部分について、お知らせしたいと思います。以下、

ラクシュミ〜マリア 共通

P4 および最終ページ:アルガンザのHPを現在の https://arganza.biz に変更

ブリジッド 

 P18    レモンイエロー混じりのブリジッドについての説明部分、

「一方、淡いイエローはリラ文明の分派した一団が超古に地球に関わり、アンドロメダ由来のセラフィムたちとの共同作業で地球の自然界の中に残した精霊界系のエネルギーで、それを潤すための「ブリジッド」エネルギーもあるようです。」

 

p30 レモンイエローの精霊界エネルギーについて プレアデス→天空文明 と変更(セイクレッドレイキ改訂の際に、その関係性がはっきりしたので反映させました)

 

 

・・・・・・・・

 

自分や、メタフィジカルな人々だけではなく、社会全体が変化し続ける時代。風の時代、水瓶座の時代の軽妙な変化のエネルギーに乗って。硬い頭にならずに、その時々、出来ることをしていこうと思います。これまでも、ずっとそうだったけど・・長くやっていると頭も思い込みも固まって来てしまう。それをまた振り返り遡りながら、今の視点で作り直したり。リニューアル、リバイバルは楽しい。

 

ありがとうございます

 

Love and Grace

 

「白い聖堂」6月報告と7月受付スタート

2022 / 07 / 02  11:18
「白い聖堂」6月報告と7月受付スタート

こんにちは いつもありがとうございます。

6月の「白い聖堂」遠隔グループセッション ご参加のみなさま、シェアレポートのメールを送信していますので、ご確認の上、万が一、届いていないという方はご一報ください。

さてさて・・激動の時期、と感じます。例年通りにはいかない天候、それによって心身の調整も難しくなりますが、イレギュラーというよりも「交錯している」「混淆している」という空気感で、情報だけではなく、パラレルや未来に向けての選択、そこで生まれる集合場や、混ざりあったり、また離れたり・・などの、せめぎあう様なエネルギーのフュージョン感。

かと言って、「せめぎあう」という言葉よりも当たりはライトで、摩擦しても火花が出るのではなくただこすれあう時の不協和音が一瞬だけ響く。そんな中、多くの発見や気づきがあり、余計なものを次々と剥ぎ落とし、削ぎ落とし、過去や未来も今と同時に見えているよう。地球は今、ワープしているのでしょうか。着地点はまだ決まらないまま、次元トンネルを通過しているのかもしれません。

 

「白い聖堂」が始まった頃・・4月末の第一回を終えた頃から、今まであまり気にせずに来たけど自分ではありそうだと思っていた過去生の幾つかを、自分自身の過去のように鮮明に、思い出している時期がありました。過去生のデータも統合されながら、今回、第3回のセッションでは未来が、テーマになっている様でした。「未来に通じている今」と言ったほうが良いかな。

最後に貰ったメッセージは「見たいものを見ていますか?」

現実は私たち(の魂)が「見たいものを見る」ために生み出していると言いますが、あなたは何を見たいのですか? 見たいものを見ているのですか?と、最後問われて施術・学びが終わったのを感じました。人によるかもしれませんが。。 この問いかけにより積極的に、未来をチョイスしていく。そのために今、意図を持つことが重要なのだろうと。

目的なく船出しても、どこかには辿り着くかもしれません・・が、宇宙は「意図したことが現実を作る」次元です。何となく運ばれる場所へ運命を預けるのではなく、自ら意図し選択し、船の舵を取りなさいと。

情報戦の時代です。情報、電波、エネルギー、飛び交っていますが、溺れてしまわないよう自分の「船」の安全性を日々チェック、メンテナンスしながら、自分が望む場所、方向へと、舵を向けてください。方向がまだ分からないと感じる時は、見つけられるようにと意図を持ちましょう。

 

写真は先日、参加者の方々へのシェアメールを送信し終えて、MacBook を閉じて顔を上げた時。爽やかな安堵感と、静けさ、光がそこに在り、しみじみ浸った瞬間を、パチリ。

 

ではでは、第4回目になります「白い聖堂」グループセッション、7月の受付を本日より開始します。詳細ページをご確認いただいて、必要事項を必ず明記してメールまたはコンタクトフォームでお送り下さい。

https://arganza.biz/free/whitetemple

ではでは

Love and Grace

 

1